愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会八幡浜市実行委員会ホームページ

八幡浜市の紹介

八幡浜市について

八幡浜市は、愛媛県西端にある佐田岬半島の付け根に位置し、西は宇和海、北は伊予灘に面して丘陵地が多く、温暖で風光明媚な市です。
その気候と地形を生かした柑橘栽培で、温州みかんは全国に知られたブランドみかんを生産しており、また漁業も盛んで、とりわけ有名なのは、四国一の規模を誇る魚市場です。早朝の活気にあふれた市場風景と魚市場に隣接した「八幡浜みなっと」内にある「どーや市場」は、毎日大勢のお客さんでにぎわい市の名物となっています。
この他、近年メディアにも取り上げられている「八幡浜ちゃんぽん」は、単なるご当地グルメを通り越して、八幡浜の「ソウルフード」として市民に愛され続けています。


みどころ

諏訪崎

愛媛県の西方、「四国の西の玄関口」と呼ばれる八幡浜市の市街地から海岸線を南に向かうと 宇和海に伸びる約3キロほどの小さな岬が姿をあらわします。そこが自然休養林諏訪崎。 七浦の入江を持つ美しい岬の先端には白亜の魚霊塔が建ち、そこに至る遊歩道のそこかしこに桜、ツツジ、アジサイ、 アメリカハナミズキ、萩、ツバキ、サルスベリ、ツワブキなど、四季の花々が咲き乱れて彩りを添えます。

美しい自然

宇和海の青い海と島々のコントラストが美しい住吉鼻。伊予灘の魅力を堪能できる夢永崎。桜の名所・琴平公園や棚田など、海と山の美しい自然が、訪れる人をやさしく包み込みます。

明治の町並み

保内の歴史は産業の歴史でもあります。町並みを歩いていると、どこか懐かしい風景に出会います。アンティークな香り漂う擬洋風建築、赤レンガ塀・・・。そうしたひとつひとつの風景が、歩んできた歴史を物語っています。

八幡浜みなっと

八幡浜市の魅力を各方面から発信する道の駅です。観光案内所などを備えたみなと交流館では道路状況だけでなく、海路の交通に関してのライブ情報も伝えているので、この先のドライブ計画のお役に立ちます。また、獲れたての新鮮な魚がところ狭しと並ぶ「どーや市場」も併設しています。仲買人が競り落とした魚をその日のうちに浜値で店頭販売しており、活気ある声が飛び交っています。

おさかな牧場

四国の西のはしっこ八幡浜は、青い海に面した自然豊かな町。都会の人は「田舎だなぁ」と思うかもしれません。でも、都会では味わえない「わくわく」や「ドキドキ」に出会える町なのです。そんな八幡浜の魅力がギュッと詰まっているのが、おさかな牧場シーロード八幡浜。ここは潮風と太陽の光を全身に浴びながらダイナミックな外釣りが初心者でも手軽に楽しめる施設です。
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/docs/2014091200025/

平家谷

宮内川上流の「平家谷」一帯は、平家落人たちの哀しい伝説が残る場所。渓谷と自然林がことさらに美しく、今では憩いとやすらぎの場として生まれ変わり、人々に親しまれています。 壇ノ浦の戦い(1185)に敗れた平家の落人たちが隠れ住んだと伝えられている平家谷と鼓尾、枇杷谷、両家地区には、「平家落人伝説」が残されています。現在平家谷は、森林公園やダム湖、遊歩道が整備され、八幡浜市を代表する観光地となっています。 桜やツツジ、あじさいの花が咲き乱れる春、瑞々しい緑と木漏れ日が心地よい夏、紅葉が美しく映える秋。人の足が遠のく冬でさえ、水仙と梅の花が咲きそろい、清閑とした雰囲気に浸ることができます。特に夏場のシーズン中は、マス釣りやマスの塩焼きが楽しめるほか、渓谷の清流を利用した「そうめん流し」が夏の風物詩となり、観光客の人気を集めています。

売店出店者募集

協賛企業・団体募集

ボランティア募集

八幡浜市公式ホームページ

八幡浜ちゃんぽん

笑顔つなぐえひめ国体

はまぽんとは?

YAWATAHAMA MTB